世界の街シンプル一人旅

飾らず自分らしい、シンプルな旅の様子を書きこみます。早期退職して世界一人旅。

【昭和3】時代を感じる小冊子「旅のご案内」

 

小冊子「旅のご案内」

30年以上前の「ジャルパック」のシドニー旅行。

出発前に小冊子「旅のご案内」が届きました。

海外旅行の注意事項などが記載されています。

その内容が昭和っぽくて笑えます。

今日はその内容をご紹介します。

f:id:solotrip60:20200503181304j:plain


リン・リン・ダイヤル

冒頭のご挨拶のページです。

「リン・リン・ダイヤル」ですよ。

あの時代、電話は「リンリン」鳴ってましたし、回転式の「ダイヤル」でしたからね。

若い人は何のことかわかんないよね。

って思ったら、今現在もJALパックの問い合わせ電話は「リンリンダイヤル」でした。

30年以上も使われてる愛称って、すごくないですか!?

 

女性スタッフが持つ受話器が「グレーの事務電話」でいいですね。

あと髪型(聖子ちゃんカット?)。

そして「市外局番が3桁」。

右ページの文章も、言い回しや単語が古臭くていい感じです。

 

f:id:solotrip60:20200503181548j:plain

 

男性はスーツ

さて、いきなり昭和全開のページ「服装」です。

男性の服装は「スーツ」です。

スーツに合わせる替ズボン、ワイシャツ2~3枚、ネクタイ3~4本、靴2足。

「ネクタイ3~4本」って、1週間の出張か。

「チョッキ」「ねまき」あたりの単語が懐かしいです。

「カラーシャツが楽しい」はゴルフウェアを想定してますかね。

 

女性はパンタロンスーツ

女性は「化学繊維やジャージーのツーピース、パンタロンスーツが便利」。

ねまきは「ネグリジェかパジャマ」。

「スカーフ」を推奨し、ハンドバッグは2つ。

f:id:solotrip60:20200503181752j:plain

 

便利な小物

「風呂敷はスカーフ、気温調節用にも使えて便利」・・・確かにもっと評価されるべきかも。

「ウェストポーチに現金やカードを持ち歩くと安全です」・・・えええ?

「ドライブ・セット」・・・どうやらドライブに行く時に持っていくような、ナイフ・スプーンなどのセットのことらしい。そんな物持って行く? いや、そう言えば私も割りばしは持って行くな。

 

トラベラーズチェック

T/Cは便利で安心でしたね。レートもいいし。

どこで使ったかメモしたりしてね。

今でも、カードキャッシングはATMトラブルが心配なので、T/C使いたいと思うことがあります。

個別の店で$10や$20を使うのはどうかと思いますが、銀行や両替所で$100を現地通貨にするにはいいと思うんですけどね。

クレジットカードは「JCB、アメックスなど」って書いてあるけど、当時この2ブランドは豪州でほとんど使えなかったのでは。

 

f:id:solotrip60:20200503182006j:plain

f:id:solotrip60:20191106105453j:plain

当時ではなく2004年に使ったT/C

 

成田への交通機関

まだ第二ターミナルはなく、国鉄成田駅までしか開通していません。

京成は現「東成田駅」が「成田空港駅」でした。

そんなこともあり、箱崎と横浜のシティエアターミナル(TCAT、YCAT)が結構利用されてましたね。

 

成田空港問題は未解決で、空港に入るには厳重な検問が行われていました。 

車で行くと検問でトランクを開けましたし、電車で行っても成田空港駅で航空券をチェックされました。(用がない人は空港に入れない)

 

f:id:solotrip60:20200503182356j:plain

 

スチュワーデス、喫煙

客室乗務員(CA)ではなく「スチュワーデスかスチュワード」です。

「NO SMOKINGが消えたら喫煙OKです」「世界のタバコが安く買えます」

私も吸ってました。ひどい時代ですね。

飛行機に酔った場合は、「心理的なものですから、くつろぐことがいちばんの予防法です」だそうです。

トイレの説明がイラストなのは親切ですね。

初めてで戸惑う人が多かったでしょうから。

 

f:id:solotrip60:20200503182654j:plain

 

セーフティボックス

「ホテルのお部屋は金庫ではありません」・・・いい表現ですね。

セーフティボックスは今のように部屋にはなく、フロントの奥にあって申込書に記入して出し入れしてました。

鍵は2本あって、ホテル側と宿泊客が1本ずつ保管し、2本揃わないと開かない仕組みでした。

外出する際は、部屋のキーはフロントに預け、セーフティボックスのキーは持って出かけました。

ああ懐かしい。

f:id:solotrip60:20200503182926j:plain

 

モーニングコールは交換手へ

町中とホテルでの注意事項は、概ね今と一緒ですね。

時代は変わっても犯罪はあまり変わらないようです。

エレベーターは女性優先で、「男性は帽子を取り、タバコは消す」そうです。

 

「モーニングコール」は交換手に電話して、部屋番号と起床時間を英語で伝えてました。

伝わるか心配なので、目覚まし時計を持って行きました。

ガイドさんがフロントに頼んでくれたりしました。

今はスマホで十分だし、部屋のアラームがあったり、モーニングコールもボタン操作でセットですよね。

いろいろ変わったなあ。

 

f:id:solotrip60:20200503183102j:plain

 

もう1冊

「旅のご案内」は以上です。

次回はもう1冊の小冊子「Koala」をご紹介します。

こちらも昭和の色と香りがします。

つづく

 

【次の記事】↓

 

【シリーズ「昭和」の最初の記事】↓

 

【ブログの目次と海外渡航歴一覧】↓