世界の街シンプル一人旅

「旅ブログ」と「短い動画」やってます。「知らない街を歩くこと」が好きです。

【中国2】ディープな街「上海」

 

ひたすら街を歩く

街に出ると、目に入るもの全てが刺激的でした。

観光地の賑わいも迫力がありましたが、一本外れた道の日常生活の様子に目を奪われました。

古さと新しさ、喧騒と静寂、欲望と失望、混沌。

いろんなものが混ざり合っている街。

そしてこれは映画やゲームではなく、今まさにここに実在する現実世界。

私は休むことなく、ひたすら歩き回りました。

f:id:solotrip60:20040329085618j:plain

地下鉄「人民広場」駅

 

自転車

とにかく自転車が多い。

あらゆる物を自転車で運んでいます。

横にも上にも荷物を積めるだけ積んで、片手運転は当たり前。

自転車の3倍くらいの長さの長尺物を運んでたりしました。

当時の往来の様子を動画でご覧ください。

 

【動画】【中国】2004年の上海の自転車往来

 

点心の湯気

観光地の周辺には、多くの露店があって賑わっていました。

肉まん、焼売などの点心の店も多く、おいしそうな湯気をあげていました。

肉まんを食べてみましたが、中身がぎっしりでとても美味しかったです。

1個15円くらいでした。

f:id:solotrip60:20040328125332j:plain

点心の湯気

f:id:solotrip60:20040328123619j:plain

f:id:solotrip60:20040328130752j:plain

点心の露店

 

路上の移動販売

街角の路上には、リヤカーなどの移動販売が多数出ており、カットフルーツや焼き芋など様々な物を売り歩いていました。

バイナップルはとても魅力的でしたが、さすがに衛生面が心配で我慢しました。

f:id:solotrip60:20040328145624j:plain

f:id:solotrip60:20040328145706j:plain

路上の移動販売


何でも売ってる

アイドルのポスターやアニメグッズなどを売る店が連なっている街や、骨とう品街など、本当にいろんな店があって、見ていて飽きませんでした。

観光客向けの店もあれば、地元の人向けの店も。

「売れるものは何でも売る」という貪欲さを感じました。

f:id:solotrip60:20040328141305j:plain

f:id:solotrip60:20040328143750j:plain

f:id:solotrip60:20040328122201j:plain

露店で売ってた綺麗な印鑑

 

ディープな街

賑やかな通りから一本逸れると、そこは地元の人々の生活空間。

「あっ」と声がでるほど、雰囲気が一変します。

飲食店も地元の人しかいません。

私は着古した服を着て、髪も短めで軽装。

なるべくキョロキョロせずに、サッサと歩きました。

(きっと外国人だとバレてたと思いますが)

f:id:solotrip60:20040328141521j:plain

f:id:solotrip60:20040328153506j:plain

f:id:solotrip60:20040328154322j:plain

ディープな街

 

 

 夜の外灘(バンド)

夜の繁華街は綺麗でした。

古い建物も新しい建物も、ネオンサインやライトアップで華やかです。

この日は一日で、上海のいろんな面を見ることができました。

とてもエキサイティングな一日でした。

f:id:solotrip60:20040328202750j:plain

夜の外灘

 

次回は近郊の街を探検します。

つづく

 

【次の記事】↓

solotrip60.hateblo.jp

 

【今回の中国旅の最初の記事】↓

solotrip60.hateblo.jp