世界の街シンプル一人旅

飾らず自分らしい、シンプルな旅の様子を書きこみます。早期退職して世界一人旅。

【函館】最終日はのんびり函館

 

函館朝市

今日も朝は市場へ。

行ってみると、秋田・青森より活気があります。

やはり観光客がそこそこ多いせいでしょう。

市場も複数の建物が集まり、更にその周辺にも小さな店がたくさんあります。

f:id:solotrip60:20200918082820j:plain

f:id:solotrip60:20200918083215j:plain

f:id:solotrip60:20200918080501j:plain

f:id:solotrip60:20200918080018j:plain


店の人の声かけも頻繁でしかも上手でした。

価格は交渉の余地があり、そのやり取りを楽しむのもいいでしょう。

東南アジアより安心して、値切れますしね。

小さな路地まで入り込んで、さんざん歩き回りました。

f:id:solotrip60:20200918082922j:plain

f:id:solotrip60:20200918082902j:plain

 

海鮮丼

市場にはつきものの食事コーナー。

丼ものはだいたい1800円から2500円かな。

f:id:solotrip60:20200918075645j:plain

f:id:solotrip60:20200918075751j:plain

 

あちこち覗いてたら「全品555円」という店を発見、

イートインは私だけだったので「朝市丼」を食べました。

他にも「ワンコイン500円」という店もありました。

まあ2500円の店とは、質も量も違うんでしょうね。

私は貧乏性なので、B級を狙うクセがあります。

食後にはカットメロンをいただきました。

f:id:solotrip60:20200918081059j:plain

f:id:solotrip60:20200918083602j:plain

 

トラピスチヌ修道院

今日は市電バス一日乗車券を利用します。

函館はバスの車輌が新しくて綺麗です。

f:id:solotrip60:20200918142223j:plain

 

バスでトラピスチヌ修道院へ。

落ち着いた佇まいです。

美味しそうなマダレナ(マドレーヌ)を買いました。

f:id:solotrip60:20200918095639j:plain

f:id:solotrip60:20200918095819j:plain

 

五稜郭 

五稜郭タワーから五稜郭を眺めます。

想像してたより小さかったです。

市内や港、函館山も見えて、いい眺めでした。

ここも修学旅行の生徒達が大騒ぎです。

f:id:solotrip60:20200918105915j:plain

f:id:solotrip60:20200918110144j:plain

 

青函連絡船摩周丸

函館駅まで戻って「摩周丸」へ。

昨日、青森の「八甲田丸」に乗ったばかりですが、共通券がお得だったし「八甲田丸」が楽しかったので、函館側も行ってみました。

f:id:solotrip60:20200918115303j:plain

 

しかしこれはハズレ。

展示物が乏しくて、あっという間に見終わってしまいました。 

八甲田丸が良すぎました。

でも普通席の実物を見れたのでよかったです。

f:id:solotrip60:20200918115736j:plain

 

はこだて明治館

市電で十字街まで行って「明治館」へ。

古い建物を利用した商業施設です。

サラッと見ましたが、買い物好きの方は楽しめるのではないでしょうか。 

f:id:solotrip60:20200918123716j:plain

 

ハセガワストア(やきとり弁当)

お昼はハセガワストアの「やきとり弁当」490円。

昨日食べたラッキーピエロと並ぶ、函館の地元チェーンです。

まず店構えがスゴイです。 

そして、コンビニと弁当屋と食堂がミックスしたような店舗が独特。

f:id:solotrip60:20200918125747j:plain


カウンターで伝票に注文内容を書いて、レジで支払います。

私は基本メニューの「やきとり弁当(小)タレ」を。

ご飯に海苔がのってて、その上にやきとりが3本。

それだけと言えばそれだけ。

てか、鶏ではなく豚です。

甘めのタレがクセになりそう。

f:id:solotrip60:20200918131201j:plain

 

そしてこの店、この箱のデザインの弁当箱をはじめ、キーホルダーとかTシャツなどのオリジナルグッズも販売してます。

看板も「どやっ」って感じだし。

昨日のラッキーピエロと言い、いろいろヤバくて面白い店でした。

高級料理だけでなく、こういうのも旅の楽しみです。

 

函館ドック前 

1日乗車券があるので、市電の終点「函館ドック前」駅まで行ってみました。

ゲームでも終点なので、「ああ、あの駅に来たんだ」って感じです。

それにしても運転士さん、ブレーキ上手すぎ。

最前席で拝見したけど、プロはスゴいなあ。(当たり前か)

f:id:solotrip60:20200918134347j:plain

f:id:solotrip60:20200918135904j:plain

 

新函館北斗駅 

少し早目に予定終了したので、1本前の列車で函館から新函館北斗へ。

函館ライナーではなく普通列車なので、1輌編成のローカルっぽい車輌です。

これも楽しい。

新函館北斗駅でゆっくり時間潰そうと思ったのですが、何もありません。

新青森駅は、結構お店があったんですけどね。

余計なことしないで、かえってゆっくりできたかも。

f:id:solotrip60:20200918142736j:plain

 

Suicaの不思議

ところで、弘前・青森・函館はSuicaエリア外です。

自動改札機には、ICカードリーダーがついていません。

弘前駅には、モバイルSuicaなどの大きな広告が出ていますが、Suicaは使えません。

新青森新函館北斗で新幹線から在来線に乗り換える時は、一旦改札を出て現金で切符を買わなければなりません。

新幹線は「新幹線eチケット」で、切符なしにSuicaで乗れるのに。

f:id:solotrip60:20200918145829j:plain
f:id:solotrip60:20200917140506j:plain

 

そして函館市内に着くと、バスや市電ではSuicaが使えます。

駅の土産物屋やカフェ、街のコンビニやドラッグストアでも使えます。

しかしJRの列車だけはどうしても乗れません。

ナニコレ???

f:id:solotrip60:20200916151753j:plain
f:id:solotrip60:20200918145843j:plain

 

新幹線で帰ります

さて、いよいよこの旅も終わりです。

普通なら飛行機で帰るところですが、なにしろ新幹線が半額です。

新函館北斗→東京が、通常23,430円のところ11,610円です。 

4時間強で帰れますから、空港往復を考えれば飛行機と遜色ありません。

今回は新幹線に頼ります。

f:id:solotrip60:20200918160625j:plain

 

途中、盛岡で「こまち」と連結。

往路はここで「はやぶさ」と切り離して秋田へ向ったなあ。

ずっと空いてたけど、仙台からはだいぶ混雑。

連休前夜だからですね。ちょっと失敗。

とりあえず無事帰宅できました。

 

振り返り

充実した4泊5日でした。

約50年ぶりの秋田。

ずっと乗りたかった五能線青函トンネル

各地の市場と街歩き。

ゲームの聖地巡礼もできたし。

新幹線半額とGOTOキャンペーンでかなり割安に旅できました。

(合計で通常より32,000円ほど割安になりました)

f:id:solotrip60:20200916112640j:plain

 

一時期に比べると観光客は増え始めていましたが、外国人がいませんからやはり空いてました。(函館はそこそこ賑わってました)

リスクを避け良識ある旅を心がけ、無理せずできることを楽しみました。

(自分以外の客が居る店では店内飲食せず)

今の時期なりにいい旅ができたと思います。

今後も状況をよく見ながら、時期に合った旅をしていきたいと思います。

 

【今回の旅の最初の記事】↓

 

【他の国内旅の記事はこちらです】↓