世界の街シンプル一人旅

「旅ブログ」と「短い動画」やってます。「知らない街を歩くこと」が好きです。

【インド9】デリーの迫力に圧倒される

 

インド旅の6日目です。デリーの街歩きです。

 

メトロ

夜行寝台明けで睡眠不足ですが、さあデリーの街歩きに出発します。

メトロのツーリストカードを買って乗車。

とても混雑してました。

 

コンノートプレイス

コンノートプレイスで降りて歩きます。

バレーボールコートくらいの大きさの巨大な国旗が堂々とはためいています。

f:id:solotrip60:20200210102551j:plain

 

アグラセン・キ・バーオリー(階段井戸)

アグラセン・キ・バーオリー(階段井戸)へ行く途中で男性に道を尋ねると、「途中まで一緒に行こう」と案内してくれます。

怪しい様子があればすぐ離れようとやや警戒しながらも、その言葉に甘えて歩いて行きました。

男性は、日本から来たと知ると「日本は大好きだ」と笑顔で握手を求められました。

そして途中まで来ると、丁寧にその先の道を教えてくれて、そこで別れました。

観光地で騙されて「インド人は全員詐欺師だ」と思って帰る日本人もいるでしょうけど、いい人もいれば悪い人もいる、それだけのことではないでしょうか。

f:id:solotrip60:20200210110006j:plain

 

ジャマーマスジット

メトロと徒歩でジャマーマスジットへ。

カメラ持込料ではなく入場料的にRs300(450円)必要な感じでした。

f:id:solotrip60:20200210114814j:plain

 

デリーの街の迫力に圧倒される

オールドデリーの街を、「チャウリバザール」→「ジャマーマスジット周辺」→「チャンドニーチョウク」→「スパイスマーケット」と歩き回りました。

その迫力たるや。

どこもかしこも人と車と物であふれています。

そしてどこまで歩いても街が終わらない。

大量の物を三輪トラック・リクシャー・荷車で運んでいる。

f:id:solotrip60:20200210120821j:plain

f:id:solotrip60:20200210122927j:plain
f:id:solotrip60:20200210124050j:plain

f:id:solotrip60:20200210121024j:plain

f:id:solotrip60:20200210124537j:plain

f:id:solotrip60:20200210125742j:plain

 

アグラとバラナシの街はとても魅力的だったのですが、あれでもうインドのことはわかった気になっていました。

しかしデリーに来てビックリ。

規模とパワーが桁違いで、さすがデリーだと思いました。

ドキドキしながらズンズン歩きましたよ。

f:id:solotrip60:20200210130749j:plain

f:id:solotrip60:20200210125631j:plain

f:id:solotrip60:20200210123825j:plain
f:id:solotrip60:20200210123852j:plain

f:id:solotrip60:20200210113943j:plain

f:id:solotrip60:20200210121653j:plain

f:id:solotrip60:20200210131259j:plain

 

「だいぶ慣れた」「わかってきた」と油断した次の瞬間に、「うわっ、何だこれ!」「いやあ、マジかよ」とショックを受ける。

「スゲーナー、スゲーナー」と言いながら歩き続ける。

そして、いつまで経っても飽きない。

私にとってインドはそんな国です。

 

【動画】【インド】オールドデリーの往来(デリー)

 

乗合オートリクシャー 

街歩きを十分楽しんだ後、メトロとオートリクシャーで観光地へ移動。

同じ方面に行く人が同乗する乗合のオートリクシャーに挑戦しました。

単独で乗るとRs50ですが、乗合だとRs30(45円)です。

f:id:solotrip60:20200206145720j:plain

 

小さな車体に前列3人と後列3人乗ります。

私は前列の端っこ。運転手の隣です。

お尻も身体も1/3はみ出ています。

Uターンするときに落ちそうになりました。

写真は帰りに後列から撮ったもの。

前列端の人が落ちそうでしょう。

f:id:solotrip60:20200210150605j:plain

 

危うく釣り銭詐欺

クトゥブミナール窓口でチケットを購入。

料金Rs600でRs2000札出してお釣を貰い、身体の向きを変えながら金額を確かめるとRs900しかありません。

すぐに窓口に向き直って、「足りない」と指摘しようとした瞬間に、サッとRs500出してきました。

 

「あっ、あれだ」と思いました。

「誤魔化そうとしたな」と言われたら「いや間違えただけ。言われる前に出したでしょ」って言うやつです。

ちょっとでも窓口を離れると「いやちゃんと渡した」と言い張られてダメになります。

危ないところでした。

 

空港の両替でもあるそうです。噂通りのを体験しました。

しかも街の両替商とかではなく公共施設。

油断禁物です。お釣は必ずその場で確認する。

インドに行く方はお気をつけください。 

いい人もいれば悪い人もいる。

 

クトゥブミナール

芝生に座ってゆっくり眺めました。

いい休憩になりました。

f:id:solotrip60:20200210145736j:plain

 

ディリハート

土産物屋が集まるマーケットです。

なんと入場料を取られます(150円)。

でも中は安心空間。小綺麗な店が並んでいます。

f:id:solotrip60:20200210153759j:plain

 

もちろん売り込みはあるのですが、強引で過度な接客はありません。

インドの駆け引きに疲れた外国人が、ゆったりとマイペースで買い物ができます。

私は買い物が苦手なので、ちょっとしか買いませんでした。

でもホッとした時間が取れてよかったです。

f:id:solotrip60:20200210161309j:plain

 

メインバザール

メトロでメインバザールへ。

思ったより長いですね。

ディリハートから喧騒の世界に戻りました。

f:id:solotrip60:20200210174825j:plain

 

眺めのよいテラス席で夕食

「ビストロ55」の3階は、メインバザールを眺めながら食事ができます。

かき揚げそばなどの和食もありますが、私はチキン炒飯と紅茶を頼みました。

少し高いですが(と言っても300円)、日が暮れて夜景に変わる様子を、街の賑わいとクラクションを聞きながら眺めるのは、とてもいい気分でした。

f:id:solotrip60:20200210183501j:plain

f:id:solotrip60:20200210182005j:plain

 

いやあ、今日も楽しかった。

明日はいよいよ実質最終日です。 

つづく

 

【次の記事】↓

solotrip60.hateblo.jp

 

【今回のインド旅の最初の記事】↓ 

solotrip60.hateblo.jp